MENU

10万キロ・10年落ちの中古車でも下取りしてもらえる?

 

結論から言うと、どんなボロボロなハリアーでも下取りしてもらえます。

 

ただし、0円になる可能性が大です。

 

「やっぱりそうだよね・・・諦めようかな?」

 

と思っているあなたへ!

 

当サイトの3つの基礎を理解し、実践することで、ハリアーを高く売れる確率がグン!とアップしますよ。

 

比較を徹底的にする

 

ディーラの下取りは1社のため、ライバル他社がいません。
ですが、買取店は、地域によってはライバル店は10社以上ある場合があります。

 

「ふーん、でも近所の車買取店に持ち込めばいいか・・・・」

 

身近なお店に持ち込めば手間がかかりませんし、確かにラクチンです。

 

ですが、ライバル他社が不在だと、愛車を安く買い取られる恐れがあります。

 

そのため、できる限り多くの買取店へ査定依頼をしましょう。

 

※特に10万キロ〜20万キロ以上のハリアーだと足元を見られる恐れがあるため、複数社査定がベストです。

 

一括査定サイトを利用

 

とはいえ、あちこちの業者へ愛車の依頼するのは時間&交通費がかかるなどかなり面倒です。

 

そこで、ネットの車一括査定サイトで、複数買取店へまとめて無料で見積依頼しましょう。

 

極秘!裏テク!

 

ライバルの車買取店同士、競争させることはもちろんですが、もう一つ隠しワザがあります。

 

それは”一括査定サイトを3つ利用すること”です。

 

  1. かんたん車査定ガイド(※大手系買取店が加盟)
  2. カーセンサー(※地元系買取店が加盟)
  3. 楽天オート

 

当サイトでは、かんたん車査定ガイド(※)、と一括査定サイトをオススメしています。

 

※二重査定をしないJADRI加盟店で構成されています。

 

が、依頼地域によって買取店が”大きく”異なるため、
地元の買取店の加盟が多い”カーセンサー”も一緒に合わせて利用します。

 

つまり、”大手+地元系”で買取店をくまなく探すことができる、というのが今回の裏ワザです。

 

※登録・見積・出張査定などすべて無料で利用できるため、ご安心ください。

 

車買取を応援する女性

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 


 

 

トヨタのハリアーの魅力&特徴

 

 

トヨタのハリアーは 1997年に発売されたトヨタのクロスオーバー車です。

 

当時はまだSUVと言う車種があまり日本に浸透していなかった時代でしたが、これまでのステーションワゴンとは違う内装の豪華さとしっかりした足回りとで発売当初から高い人気を博した車となりました。

 

その後 2002年にマイナーチェンジを経て、 2012年まで継続生産され、国内では一旦製造中止となった車種です。

 

ハリアーは本来はトヨタの米国ブランドであるレクサスの専用車種として展開されており、
2009年には本格的にレクサスが日本に進出したことからレクサスブランドのRXとしての印象が強く、
日本では旧型が継続生産されていましたが、2013年にレクサスとは異なるデザインで3代目のハリアーが登場し現在に至っています。

 

ハリアーの魅力は内装の豪華さと相反するしっかりした足回りによる走破性にあります。

 

現在では多くのメーカーでSUVを製造しており、

 

車高が高いことによる運転席からの視認性や、しっかりと設計された重心の低さによる走行安定性は他社の追随を許さないものがあります。

 

また古くからハイブリッドに取り組んできたトヨタならではの高性能なハイブリッドエンジンにより、燃費の高さと高い走行安定性がこの車の大きな特徴となっています。

 

 

 

TOPへ

 

車査定で信用&安心できる中古車の買取店の選び方

 

長年大事に乗っていた10年落ち・10万キロのハリアー、少しでも高く売りたいけど、どこに売ったら良いか迷っている方、良い中古車買取店の選び方を教えます。

 

10年落ち・10万キロのハリアーを売るとき、中古車の買取店の選び方で最も大事なことは、相場通りの車査定をしてくれるかどうかです。

 

中古車の買取は、10年落ち・10万キロのハリアーの年式やグレード事で相場が決まっており、この相場の額というのは、インターネット上で公表されているので誰でも知ることができます。

 

まず、査定額の見積もりが相場をベースに出されているかどうかしっかりと見極めることが大事です。次に、大事なことは、口コミの良い買取店に買取ってもらうことです。

 

口コミについては、インターネットの口コミサイトが参考になります。信用できるといった口コミや、
安心の査定額といった口コミなど良い口コミの買取店を選ぶ事をお勧めします。最後に、10年落ち・10万キロのハリアー見積もり金額を少し上げる方法があります。

 

それは、いくつかの買取店を回って、査定額の比較を行う方法です。こうすることで、買取店同士に競争させることができ、少し高い見積もり査定金額を提示してもらえるようになります、

 

例えば、A店で1回目の査定が500000円、B店で520000円とすると、再びA店に行って、B店の10年落ち・10万キロのハリアーの査定話を出すと査定額が530000円になることもあるので、複数のお店で見積もりをとることは大事です。

 

車検前?車検後?中古車を売るならどっちがいい?

 

2年に1度やってくる車検は、オーナーにとって出費のかさむ頭の痛い問題です。

 

しかも車を売却しようか考えている場合、車検前と車検後のどちらがより高く売れるのかを気にする人も多いでしょう。

 

結論から言うと、少しでも高く愛車を売りたいなら、車検が切れる前に早く売ってしまった方が良いのです。

 

中古車の市場にも需要と供給というものが存在し、そのバランスによって価格が決定されます。愛車を車検が切れるまでは乗りつぶすという考え方のオーナーが多いため、
車検が切れるタイミングでは多くの中古車が市場に出回るようになります。需要と供給のバランスのうち、供給の方が多くなってしまえば当然のことながら市場価値は下がってしまいます。

 

もちろん全ての車が同じ時期に車検が切れるわけではありませんが、人気の車種は販売されてすぐ購入した人も多いため車検切れの時期もだいたい同じだったり、
1年のうちでもボーナスなど新車を購入する人が多い時期に一斉に車検切れになってしまうことも多いです。

 

タイミングが似通うことは実際多くあり、高く売るためには供給過多になる車検切れ前に売却することが必須となります。

 

供給がそこまで多くない時期なら高く売れる可能性が高まるので、車検切れになる3ヶ月以上前には査定に出しておくことをおすすめします。

 

 

車買取は売却の契約後にキャンセルできるの?

 

車買取は、売却の契約後にキャンセルをすることはできません。

 

査定をして、その提示額に満足できなければ、その段階では契約が締結されているわけではありませんから、自由にキャンセルをすることができます。

 

しかし、その後に売るという意思表示をして、契約書にサインをしてしまうと、契約の高速量が働きますから、キャンセルをすることはできません。

 

民法では、瑕疵担保責任の規定や危険負担、詐欺など一定の場合は解除ができる規定を設けていますので、
そういったことに該当しなければ、契約を解除することはできません。

 

したがって、車買取をしてもらう場合には、売却をするかどうかは慎重に判断するようにしましょう。

 

出張買取の場合、クーリングオフの対象となる場合はクーリングオフをすることができるという法律がありますが、出張買取でも車は除外されています。

 

したがって、クーリングオフも利用することはできません。契約をするかしないかは自由に決められる以上、いやだと思ったらキャンセルをしてトラブルにならないようにしましょう。

 

納得のいく価格で売却をしたいというなら、査定を比較して、それぞれの価格で一番高いところを利用するようにするなど、工夫はしておいた方が良いです。

 

 

 

タイミングベルトの交換時期は10年って本当?

 

自動車を動かすための要とも言えるエンジンに用いられていて、駆動に直接的に影響しているのがタイミングベルトであり、走行時に切れるとエンジンにとって致命傷を負ったり走行不能になり危険です。
そのため、切れるまで使用し続けるのではなく余裕を持って交換時期を設定する必要があるのですが、個々により使用状況や環境が異なるので一言で言うのは難しいのが実情です。
そうした中、古くから一つの指針として言われているのは、車両が完成してから10年を迎えたらタイミングベルトの交換時期であるという情報なのですが、現代の自動車にとってはそのような目安も当てはまらなくなってきているのも事実です。
その理由は、今日の車両の中には従来型の樹脂製の他に、切れる恐れがほぼ無い金属チェーンのタイプもあることが関係しています。
金属製だと廃車になるまで取り替えた事が無いというオーナーが珍しくない中で、樹脂製だと新車もしくは中古のどちらの方法で入手した場合でも高額を出して交換を依頼した方が多いです。
ただし、10年という年月で交換時期を決するのが本当かと言われると、多くの専門家が首を傾げる上にそうとは言い切れないと断言する方も居り、タイミングベルトは年数ではなく10万キロという距離の方が本当に大事だと言う声も根強いです。

 

 

洗車をしたほうが高値で売れる?

 

車を売る際に、まずは査定してもらう必要があるのですが、その際にちょっとしたコツで査定額を上げることができます。
よく知られているコツの一つに、依頼前に洗車する方法があります。
キレイにするだけで査定額が上がると言われていることなのですが、それが本当なのかどうかが知りたいところです。
では実際に査定前に洗車することで高値で売れるようになるのでしょうか。
実は、洗車をすることで査定額が大幅アップすることはなく、ほとんど影響していません。
車の査定では、あらゆる部分を見ていて、汚れも影響しています。
ただ、汚れを見ているのは室内だけであり、ボディに関しては傷や修復歴などを重点的に見ています。
室内の汚れも、ただ汚いから査定額を下げているのではなく、落ちない汚れや煙草による焦げや汚れそして臭い、さらにペットのニオイを重点的に見ています。
なので、普段使用していてついてしまう汚れに関しては大きな影響がありません。
ただ、全く影響をしていないわけではなく、査定しているのは人なので、車の印象により多少アップすることはあります。
ただ、過度な期待ができるほどではありませんので、お金をかけてまで必要以上にキレイにすることはおすすめできません。